[PR]

 静岡県立総合病院(静岡市葵区)が、県立静岡がんセンター(長泉町)に続いて県内2カ所目となる遺伝性腫瘍(しゅよう)研修施設の認定を受けた、と発表した。

 県立総合病院には遺伝子カウンセリングやがんの遺伝学的検査が受けられる遺伝診療科があり、臼井健・同科部長のほかに、乳腺外科、糖尿病・内分泌内科に各1人遺伝専門医がいる。認定により、専門医を指導医として、若手遺伝専門医の育成にさらに力を発揮できるようになるという。

 遺伝性がんは、遺伝子変異を調べ、あらかじめがんになる確率が高いかどうかを診断し、予防切除などによりリスクを低減することができる。(阿久沢悦子)