[PR]

 ドーハで開催中の陸上世界選手権で、日本選手の足元がちょっとした話題になっている。男子100メートルの桐生祥秀(日本生命)と同400メートルのウォルシュ・ジュリアン(富士通)。ともに「ピンなし」スパイクで走り、準決勝まで進んだ。決勝は逃したものの、陸上界の常識を覆した。

 大会初日の9月27日。100メートル予選に登場した桐生は、黄色地に黒のラインが入った靴を履き、10秒18で駆け抜けた。派手な色でひときわ目立っていたが、衝撃的だったのは靴底の方だ。ピンがない。代わりにあったのは、カーボンファイバー素材のフジツボのような突起だった。複雑に立体的に構成されていた。

 正体は、アシックス社製の「次世代スプリントシューズ」。桐生は「地面からの反発を感じやすい」と8月から履き始め、世界の舞台でも使用した。

 通常の短距離スパイクは底面に金属製のピンを数本配置し、ピンで地面を捉えることで推進力を生み出す。長年、これが当たり前とされていたが、「ピンが地面に刺さって抜けない感覚がある」という選手の声をきっかけに、2015年夏に同社が開発に着手。機能設計の担当者は「いかにロスをなくすかを追究した」。研究を繰り返す中で、地面を「点」でなく「線」で捉えれば効率よく推進力を得られるのでは、との考えにたどり着いたという。

 昨年5月に完成すると、すぐに…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら