[PR]

 2020年米大統領選をめぐり、ウクライナに介入を依頼したという疑惑で、米議会から弾劾(だんがい)調査を受けているトランプ大統領は3日、野党・民主党の大統領選有力候補のジョー・バイデン前副大統領の疑惑について「中国もバイデン氏を調査するべきだ」と語った。選挙のライバルに対抗するため、外国に支援を求めたことを議会にとがめられている中、公然と中国にも調査を要求したもので、民主党の反発は必至だ。

 トランプ氏はこの日、ホワイトハウスで記者団に「中国もバイデン一家の調査を始めるべきだ。なぜなら、(バイデン氏の息子が)中国でやったことは、ウクライナでやったことと同じくらい悪いことだからだ」と述べた。

 トランプ氏は、バイデン氏の疑惑調査を中国に依頼したのかと聞かれて、「まだしていないが、確かに考え始めてもよいことだろう。米海軍から追い出されたばかりの男が、中国から数十億ドルも得ている。これを『賄賂』と呼ぶ」と批判した。

 米メディアによると、バイデン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら