[PR]

 「日本三奇祭」の一つとも呼ばれ、300年以上の歴史を持つ「島田大祭」(12~14日)で今年、大名行列の「御殿様」を、111年ぶりに女児が務める。少子化に伴い、地域に年頃の男児が少なくなり、白羽の矢が立った。女児の御殿様は史上3人目という。

 日替わりで3人が務める御殿様の1人に決まったのは島田市祇園町の小学2年生、塚本小春さん(7)。通常、6~10歳の男児が務めるが、町内のその年代は女の子ばかり4人。6月に大祭保存会から小春さんに「御殿様やりたい?」と打診があり、「やる!」と即答した。「馬に乗ってみたかったから」と小春さん。

 島田大祭は大井神社のご神体が大井川の洪水で流され、移転したことに伴う、元の鎮座地への里帰りが起源。木太刀に丸帯を掛けた大奴(山伏)25人をはじめ総勢約250人の大名行列が、鹿島踊り団や屋台を連れて、市中を練り歩く。

 小春さんが御殿様を務めるのは13日。午前10時から大井神社で神事があり、午前11時40分に、馬に乗って出発。午後6時の本陣入りでは、徒歩で宿所に入る小春さんに、行列の大奴、大鳥毛、挟箱などが独特の振り付けで従う。

 小春さんは夏休みに掛川市の乗馬クラブで練習した。「馬に乗るのは楽しい。御殿様は人前でしゃべらなくていいので、ちゃんと出来ると思う」

 当日は曽祖父が縫い、祖父の大塚亮治さん(74)ら3兄弟が御殿様役で履いた袴(はかま)を、身に着ける予定だ。

 「島田の帯まつり」の執筆者の一人で、民俗文化研究所の吉川祐子代表は「祭りには地域の子どもの成長祈願の意味合いもある。直虎ら女性の殿様の実在も知られてきた。これからの御殿様は、性別を問わない形になっていくのではないか」と話した。(阿久沢悦子)