[PR]

(13日、ラグビー・ワールドカップ 日本28―21スコットランド)

 ジョーンズヘッドコーチ(HC)からジョセフHCへ。南アフリカを破った前回大会から4年。築かれた土台に、新たな指揮官によって確実にチーム力が上積みされた。

 ジョーンズ前HCは細かい決め事を作って選手を動かした。ジョセフHCは決め事に加え、状況に応じた判断を選手に求めた。

 例えば、タックルを受けながら球をつなぐオフロードパスや、隣の選手をおとりにして更に外側の選手に投げる飛ばしパス。成功すれば一発で防御を破れる一方、球を失うリスクも高いプレーだ。ジョーンズ前HCは原則禁止にしたが、ジョセフHCは「いける」と選手が判断すれば認めた。アイルランド戦の逆転トライは、CTB中村の飛ばしパスが生んだものだ。

 ジョセフHCは元ニュージーラ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら