[PR]

 落語家の桂吉坊が言葉を生業とする異ジャンルの芸能者とテーマを決めて共演する「ことのは会」の第1回が開かれた(10月3日、大阪・天満天神繁昌亭)。文楽太夫・豊竹芳穂太夫(よしほだゆう)、文楽三味線・鶴澤友之助、木ノ下歌舞伎主宰・木ノ下裕一と文楽をテーマに連携し、物語の楽しさを届けた。

 文楽の人形遣いを主人公とする吉坊の落語「ツメ人情」が演目のトップ。落語作家・小佐田定雄が吉坊に書き下ろし、大阪にあった御霊文楽座が焼失した史実も組み込んだ新作落語だ。見事な流れで文楽を知らずとも風景が浮かぶ。1人遣いのツメ人形たちの会話に笑い、一転、悲劇を迎えた後にも光を残す感動作に心打たれた。

 続く素浄瑠璃「赤頭巾孝行剪刀…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら