[PR]

 発達障害がある家族との関わり方を学ぶ講座が4日、川崎市高津区の高津市民館であり、約120人が参加した。講師の阿佐野智昭・市発達相談支援センター所長は「まずは相談機関に電話をかけて。話を聞いてもらって『分かってもらえた』という経験をすることが大事」と話した。

 発達障害と診断を受けた子どもを育てた母親たちも登壇。それぞれの体験を紹介し「問題が起こったら、家族だけで抱えないこと」などと呼びかけた。

 同センターと保護者会「りあん」などは来年2月まで、「発達障がい応援キャラバン」として市内各地で講座を開く。参加できるのは川崎市在住か在勤者。区役所などにあるチラシか市のホームページからダウンロードする用紙で、同センターにFAX(044・200・0206)で申し込む。参加無料。問い合わせは同センター(044・223・3304)。募集中の講座は次の通り。

 10月18日「発達障がいについて」(柴田光規・川崎西部地域療育センター所長、エポックなかはら)▽11月30日「きょうだいから見た発達障がい」(長谷山高史・市発達相談支援センター臨床心理士、市役所第4庁舎)▽1月24日「学習障がいについて~成人期の学習障がい~」(平松純子・帝京大学大学院非常勤講師、高津市民館)▽2月21日「社会に出るまでに身につけたいスキル」(志賀利一・やまびこの里相談支援事業部長、市役所第4庁舎)(大平要)