【動画】ノーベル化学賞を受賞した吉野彰さんが会見=長島一浩撮影
[PR]

 吉野彰さん(71)が育ったのは大阪府吹田市。今は万博記念公園や宅地が整備されているが、戦後ほどない幼少期は、竹やぶだらけだった。よくトンボをとって遊んだという。化学に興味を持ったのは、小学生の時だった。

 4年生のとき新任の女性の先生が担任になった。学生時代に化学を専攻していたという先生が1冊の本を薦めてくれた。英国の科学者ファラデーの「ロウソクの科学」だった。

 「ロウソクはなぜ燃えるのか、炎はなぜ黄色いのかといった内容で、子ども心に化学はおもしろそうだなと思った」。9日の会見で、吉野さんは語った。

 「好きこそものの上手なれ、ではないが、子どもが関心を持つとどんどん得意になるんです」。身の回りの素材で「実験」に熱が入った。トイレの洗浄用に置いてある塩酸を、近くで拾った鉄の塊にかけてはボコボコと出る泡を見て、面白がったという。

 好きが高じて、化学が得意科目…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら