「リンゴ取りに来てほしい」 町議会を崩壊に導いた一言

有料会員記事

板倉大地、河野光汰、仲川明里、横山蔵利
[PR]

 「リンゴを取りに来てほしい」。青森県三戸町のある町議会議員にそんな電話があったのは、2月半ばの朝だった。

 春の県議会議員選挙が、2カ月後に迫っていた。呼び出されて向かったのは、別の町議の自宅だった。

 テーブル越しに渡されたのはリンゴではなく、折りたたまれた1万円札3枚。

 後から思えば、町の議会を崩壊へと導く、悪夢のようなカネだった。

人口1万人の町の議会を崩壊に導いたのは、大規模な選挙違反でした。その背景にあった、ある「文化」とはなんだったのか。事件の一部始終を追いました。

 「リンゴを取りに来い」と町議が呼び出される数週間前。4月の県議選への立候補を予定している沢田恵・三戸町議は腕を組み、険しい表情を浮かべていた。

 2007年と11年の2回に…

この記事は有料会員記事です。残り1923文字有料会員になると続きをお読みいただけます。