[PR]

 空間のゆがみが波として伝わる「重力波」を観測する大型低温重力波望遠鏡「KAGRA(かぐら)」(岐阜県飛驒市)の完成記念会見が4日、富山市内であった。望遠鏡を造った東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長は「重力波でなければ見えない宇宙の姿を解明したい」と抱負を述べた。

 会見では、梶田所長が完成の経緯を報告した。2010年から始めた整備を振り返って「9年間の努力が実ってこれからサイエンスに結びつく」と感慨深げに語った。また、重力波だけでなくスーパーカミオカンデを使ってニュートリノも観測することで、超新星爆発の研究も進められるといい、梶田所長は「星の終わりのメカニズムを解明できるのではないか」と話した。

 KAGRAは今後、米国の重力波望遠鏡「LIGO(ライゴ)」やイタリアの「Virgo(バーゴ)」と共同観測をする予定だ。記者会見後に両望遠鏡のプロジェクト代表らとの研究協定調印式に臨んだ梶田所長は、「KAGRAの技術を使って今後の天文学に貢献していきたい」と話した。(田島知樹)