写真・図版

  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 タトゥー(入れ墨)を慣習として受け継いできた地域からの出場チームが多いラグビー・ワールドカップ(W杯)。日本開催を機に、タトゥーがある選手や観客の入浴を受け入れるか、各地の温泉施設で対応が分かれている。

 12のW杯会場の一つ、豊田スタジアムのある愛知県豊田市。市郊外の猿投(さなげ)温泉「ホテル金泉閣」(同市加納町)はこれまでタトゥーのある客の入浴を認めてこなかったが、W杯期間中(9月20日~11月2日)、外国籍の宿泊客に限って入浴を認めている。

 支配人の墨岡弘明さん(57)は「『他のお客様が不安に思うかもしれない』との声は内部にあったが、タトゥーを文化とする国があり、世界的な大会を地元から盛り上げたい思いもあった」と説明する。

 同スタジアムで試合がある今月12日までの間、外国からの予約客は30人ほど。ホームページで告知し、館内の掲示板に貼り紙もした。フロントで宿泊客に説明もしている。W杯後の対応は「白紙」という。

 一方、市内の施設の大半は、従…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら