[PR]

 カタールのドーハで開かれている陸上の世界選手権は4日深夜から5日にかけて男子20キロ競歩があり、山西利和(23)=愛知製鋼=が1時間26分34秒で優勝した。この種目での日本勢のメダル獲得は五輪を含めても初めて。男子50キロ競歩で金メダルに輝いた鈴木雄介(富士通)に続く快挙で、日本勢が一つの大会で複数の金メダルを獲得するのも初となった。

 山西は7キロ過ぎで先頭をとらえると、一気に引き離してそのまま逃げ切った。京都・堀川高で競歩を始め、3年時に総体で優勝。京都大時代もユニバーシアードで優勝するなど活躍した。東京五輪に内定し、「うれしいけれど、レース内容には満足していない。東京五輪では圧倒的に勝ちたい」と話した。