[PR]

 秋季千葉県高校野球大会(県高野連など主催)の準決勝が5日、市原市のゼットエーボールパークであった。今年春夏連続で甲子園に出場した習志野が、延長十二回5―4で木更津総合にサヨナラ勝ち。一昨年覇者の拓大紅陵は4―0で専大松戸に完封勝ちした。決勝は6日午前10時からゼットエーボールパークである。習志野と拓大紅陵は、19日から群馬県で開かれる関東大会に出場する。(福冨旅史)

木更津総合―習志野

 ◎…習志野が粘り強さを発揮しサヨナラ勝ちした。

 習志野は1点を先取された直後…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら