[PR]

 ノルウェーに住む男性が米フロリダ州に住む義理の父親の誕生日を祝うため、サプライズで訪問したところ、義理の父親本人から銃で撃たれて死亡する事件があった。義理の父親は、侵入者と勘違いして撃ったとして訴追されないという。

 米国では年約4万人が銃で亡くなり、勘違いなど故意でないケースだけで数百人が犠牲になっている。銃社会の異様さが改めて浮き彫りになった。

 3日の警察発表によると、死亡したのはノルウェー在住のクリストファー・バーガンさん(37)。1日深夜、妻の父親のリチャード・デニスさんの61歳の誕生日を祝おうとフロリダ州を訪れた。

 バーガンさんは約7千キロの飛行を終えて空港からデニスさんの自宅に直接向かい、午後11時半ごろに到着。デニスさんを驚かせようと、玄関のドアをたたいて敷地内に隠れ、デニスさんがドアを開けると、うなり声をあげて茂みから飛び出した。デニスさんは侵入者と勘違いし、半自動小銃を発砲したという。

 この2時間ほど前、別の親戚が玄関のドアを同じようにたたいており、デニスさんは神経質になっていたという。バーガンさんの友人が現場で目撃しており、捜査当局は「全くのアクシデントだ」として訴追しない方針だ。(ニューヨーク=藤原学思)