拡大する写真・図版焼岳北峰の登山ルートから望む山頂付近。現在も、火山ガスが出ている=2019年9月14日午前11時25分、北アルプス焼岳、近藤幸夫撮影

[PR]

 死者58人、行方不明者5人を出した長野・岐阜県境にそびえる御嶽山(3067メートル)の噴火災害から5年が経ちました。活火山の災害の恐ろしさと噴火予知の難しさを見せつける出来事でした。2014年9月27日に発生した大惨事の教訓は、他の活火山でも生かされているのでしょうか――。

 登山ブームが続くなか、活火山での登山者の実態を探るため、9月中旬、長野・岐阜県境にそびえる北アルプス・焼岳に登りました。

 焼岳は、北アルプス有数の山岳観光地・上高地からも入山できる日本百名山の一つです。御嶽山で被害が拡大したのは、御嶽山も日本百名山だったことが大きな理由の一つです。

 標高2150メートルまでロープウェーが利用でき、険しい岩場もほとんどありません。登山初心者でも手軽に登れるため、噴火当時、山頂は大勢の登山者でにぎわっていたのです。

 焼岳は、夏山、秋山シーズン中、全国から大勢の登山者が訪れます。活火山でもあり、現在、気象庁の噴火警戒レベルは「1」。北峰(2444メートル)と南峰(2455メートル)の二つの山頂があり、北峰のみ登山が許可されています。

 上高地から樹林帯を抜けると、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら