[PR]

 北アルプス唐松岳(2696メートル)にある唐松沢雪渓(長野県白馬村)が、国内7番目で県内では2例目の氷河と確認された。新潟大学などでつくる調査団が5日、白馬村で会見し、調査結果をまとめた論文が日本雪氷学会に受理され、氷河と認められたことを明らかにした。

 北アルプスには、冬に降り積もった雪が雪崩などで谷筋に寄せ集められ、夏も解けきらずに大きな塊として残る「雪渓」が多くある。雪渓の下層では長時間かけて氷の塊の「氷体」が形成されることがある。自身の重さで様々な方向に力がかかり、固体のまま少しずつ変形する。その中で流動性を持つものが特に「氷河」と定義され、2012年以降国内で見つかった氷河はすべて北アルプスにある。日本の代表的な雪渓である白馬大雪渓は夏に上流から大量の雨が流れ込み下部に空洞を作るため、氷河ではないという。

 調査団は今回、融雪が最も進んだ18年9~10月にかけて、レーダーや人工衛星からの電波を使い、氷体の大きさや流動性があるかどうかを現地調査した。その結果、氷体は全長約1・1キロメートル、最大で約35メートルの厚さがあり、1カ月間で最大約25センチの流動が確認された。昨年、長野県内初の氷河と確認された、鹿島槍ケ岳のカクネ里氷河と同規模かやや大きいという。

 唐松沢氷河は、白馬村から八方池や岩岳山頂などから望むことができ、村は観光や教育への利用を期待する。調査団長の奈良間千之・新潟大准教授は「日本で氷河が形成される環境や、世界の氷河との違いなど、興味深い点がまだ沢山ある」と語った。(大野択生)