[PR]

 米フェイスブック(FB)が計画を主導する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」の発行・管理団体から、米ネット決済大手のペイパルが離脱したことがわかった。主要な創業メンバーが抜けるのは、リブラの計画にとって痛手となりそうだ。

 FBは6月、FB子会社やペイパルなど計28の企業・団体が「リブラ協会」を設立し、来年上半期に暗号資産の発行をめざすと発表。しかし、ペイパルの広報担当者は4日、朝日新聞の取材に「リブラ協会への参加を見送る決断をした」と説明した。理由については、自社の事業を優先する姿勢を示しただけで、詳細は明かさなかった。一方で、「リブラの大志は支持し続けている」とも付け加えた。

 リブラに対しては、既存の通貨…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら