[PR]

 デモの際に顔をマスクなどで覆う行為を禁じる香港の「覆面禁止法」が施行された5日、香港各地で市民らがマスク姿でデモ行進し、政府の決定に抗議の意思を示した。警察は参加者を直ちに拘束しようとはせず、同日夜までに大きな衝突には至っていない。

 警察は、4日夜の抗議デモで私服警官が14歳の少年に実弾1発を発砲したと発表した。少年は左太ももを撃たれ重傷だが、命に別条はないという。警官の発砲で参加者が負傷したのは、1日の男子高校生に次いで2人目。香港メディアは少年が暴動などの容疑で拘束されたと報じた。

 5日未明にかけ、デモ隊が地下鉄駅や銀行などを破壊したことを受け、林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は5日、テレビ演説し、「こうした暴力的な状況が覆面禁止法を制定する根拠だ」と訴えた。(香港=益満雄一郎)