[PR]

 サッカーJ2の栃木SCは6日、栃木県グリーンスタジアムで徳島ヴォルティスと対戦し、1―1で引き分けた。第35節を終え、通算成績は5勝14分け16敗の勝ち点29で、順位はJ3降格圏内の21位のまま。20位の鹿児島ユナイテッドFCとの勝ち点差は2から1に縮めた。

 栃木SCは前半から積極的にゴールを狙い、41分、MFヘニキ選手がシュートのこぼれ球をゴールに押し込み、先制した。後半も堅い守りで相手の攻撃をしのいだが、後半38分、相手のコーナーキックから失点し、そのまま双方譲らず試合を終えた。

 田坂和昭監督は試合後、「選手たちはいい守備からいい攻撃につなげてくれた。今の力からして1点を守れれば良かったが……。今日の内容だったら、勝ち点3を取りたかった」と悔やんだ。

 今季は残り7試合。次節は13日、アウェーでヴァンフォーレ甲府と対戦する。(中野渉