[PR]

 日本のSO田村のキックが研ぎ澄まされている。ここまで3試合で10PG、5ゴールを成功させて計40点。大会の得点ランクで首位に立っている。前回大会でFB五郎丸が打ち立てた日本選手のW杯通算最多58得点の更新も見えてきた。

 5日のサモア戦。日本は序盤、相手の激しい当たりに苦しんだ。それでも敵陣で相手反則を誘うと、田村のPGで得点を刻み、リードを許さなかった。前半27分にラファエレが左隅にトライを決めると、難しい角度のゴールを成功させた。

 前回W杯で日本の得点源は五郎丸だった。全4試合に出場し、13PG、7ゴール、1トライ。今大会、日本が1次リーグ突破を果たせば、田村には少なくともあと2試合、出場のチャンスがある。19点以上を積み上げての記録更新を現実的にとらえられる状況だ。

 攻守に15人が助け合うラグビ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら