[PR]

 沖縄県の浦添市は4日、市内の介護予防事業所代表者らの氏名や住所、生年月日などの個人情報を市のホームページ(HP)に誤って掲載したと発表した。掲載期間は8月7日から10月2日までで、流出した個人情報は365人分。

 市によると、いきいき高齢支援課の職員が8月7日、市HPに介護予防事業所一覧のエクセルファイルを掲載した。ファイルには事業所の代表者や役員らの個人情報が含まれていた。

 翌日気付き、HPからファイルを削除したがサーバーには残ったままで、グーグルなどの検索エンジンでファイルが閲覧、取得できる状況だった。

 今月2日、個人情報が流出した本人から連絡があり発覚。市はサーバーからファイルを削除し、総務省や県に報告した。市は謝罪し「HPにはPDFで掲載するなど再度呼び掛け、再発を防止する」としている。(沖縄タイムス)