[PR]

三輪明神窯跡群

 江戸後期から昭和初期まで兵庫県三田市で作られた陶磁器「三田焼」。京焼の陶工・欽古堂亀祐が技法を確立したという三田青磁は各地でもてはやされました。地元の豪商、神田惣兵衛が設立を支援し、昭和初期まで操業した有力な窯が、市中心部近くの丘陵地の斜面にある県史跡「三輪明神窯跡群」です。

 旧道・大道坂沿いにあり、三輪明神窯史跡園として整備され、連房式登り窯3基を保存しています。

 明治期に作られた第1号窯跡は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも