[PR]

 6日午後10時45分ごろ、愛知県安城市上条町の第2山崎踏切で、JR東海道線の新快速列車が車と衝突した。県警によると、車の運転手が即死。乗客ら約80人のうち、数人が軽いけがをしたという。

 JR東海によると、列車は豊橋発大垣行きの8両編成で、脱線していないという。現場は西岡崎駅と安城駅の間にある、警報機と遮断機のついた踏切。県警によると、列車の運転士は線路内に入った車を見つけて急ブレーキをかけたが、間に合わなかったという。