[PR]

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」(津田大介芸術監督)で、中止となっている企画展「表現の不自由展・その後」が、期限の8日までに再開できるか「予断を許さない状況」(津田氏)だ。中止時の状態での再開をベースに「展示の一貫性」を強く主張する企画展側と、会場の安全確保を重視する芸術祭実行委員会の交渉が続いている。

 芸術祭実行委会長の大村秀章・愛知県知事は7日午前の定例記者会見で「協議続行中。再開にむけて誠心誠意取り組んでいきたい」と述べ、再開日について明言しなかった。「(来場者の)安心安全の確保をどうやっていくか、(来場者に)どう応募してもらって抽選するかどうか、手荷物(検査を)どうするか、金属探知機をやっていくか。現場で機能するようにしないといけない」と説明した。

 芸術祭側と企画展側は「6日から8日」の再開に向けて協議することで合意済み。7日はメイン会場の愛知芸術文化センターが休館日で、再開に向けた準備にあてると見られていた。

 津田氏は6日まで開かれていた国際フォーラムで、「協議はもう少しで妥結ラインが見えるが、まだ(お互いに)譲れない一線がある」と述べた。「海外や日本の作家は、8日に開かないならボイコットするとも言っており、そこでトリエンナーレが終わる最悪の事態もありうる非常に厳しい状況だ」と説明していた。

 8月1日に始まった企画展は、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら