[PR]

 東京都目黒区で船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5)が両親の虐待で死亡したとされる事件で、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた父親の雄大被告(34)の裁判員裁判が7日、東京地裁で結審した。検察側は「1カ月以上の飢えの苦しみを与え、逃げ場のない被害者をいじめ抜いた犯行は比類がないほど悪質」と述べて懲役18年を求刑した。

 弁護側は「死亡するまで完全に放置する最も悪質な部類とは異なる」として懲役9年が相当と述べた。判決は15日に言い渡される。

 論告で検察側は、雄大被告は香川にいた2016年に母親の優里(ゆり)被告(27)と結婚し、実子の弟が生まれた頃から結愛ちゃんへの暴力をエスカレートさせたと指摘。一家で東京に住み始めた18年1月からは食事を制限し、食べる力を失うほど衰弱させても虐待の発覚を恐れて病院に連れて行かず、3月2日に敗血症で死なせたと主張した。

 連日の説教などで優里被告も共…

この記事は有料会員記事です。残り511文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り511文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り511文字有料会員になると続きをお読みいただけます。