拡大する写真・図版 キリンエコー社長の丸山千種さん=西田裕樹撮影

[PR]
まるやま・ちぐさ
1963年、静岡県生まれ。86年にキリンビールに総合職で入社。工場見学を運営する子会社の社長などを経て、2016年からキリンエコー社長

 キリンホールディングスの子会社、キリンエコーで初の女性社長となった丸山千種さん。男女雇用機会均等法が施行された1986年に新卒でキリンビールに入社して以来、数々の「女性初」を経験してきました。会社員のキャリアのなかで試練を与えたのも、試練を乗り越える力をくれたのも、仕事でした。

 

 ――キリンビールでは女性初の営業総合職でした。一般職で入社する女性が多い時代、迷いはありませんでしたか?

 それはなかったですね。親の援助なしで衣食住をまかなえるようになりたくて、全国転勤で社宅のある会社に絞って就職活動をしました。当時、一般職の多くは自宅通勤が条件だったので総合職に。親に頼めば援助してくれたと思いますが、とにかく一人前になりたかった。

 ただ、社宅に住む女性社員がそれまでいなかったので、私ともう1人の同期の女性2人のために、会社が2階建てアパートの隣り合った2部屋を借り上げて、そこに住みました。部屋の外に洗濯機を置くアパートで、窓を開けるとすぐに線路がありました。電車が通るとちょっと揺れるので、最初は朝5時ごろの始発電車が通ると目が覚めてしまって。

 ずっと働き続けることは、幼い頃から決まっていた感じがあります。実家は祖母の代から飲食店を営んでいて、幼いときから「3代目」と言われていました。だから将来、他で働かないならここで働くんだと思っていました。仕事をしないという選択肢はありませんでしたね。

 ――女性初の営業は、苦労も多かったですか?

 駆け出しは、街の酒屋さんへの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら