【動画】大和堆周辺の海域で確認した北朝鮮漁船。海上保安庁が今年6月に公表=海保撮影・提供
[PR]

 海上保安庁によると、7日午前9時5分ごろ、日本海の「大和(やまと)堆(たい)」と呼ばれる海域付近で、違法操業の取り締まりをしていた水産庁の漁業取締船「おおくに」と北朝鮮の漁船が衝突した。漁船は午前9時半ごろに沈没、漁船の約20人が海に投げ出され、水産庁の船舶が救助に当たっている。現場は日本の排他的経済水域(EEZ)内という。

 水産庁によると、EEZ内に入っている船をおおくにが確認。EEZ外に退去するよう警告していたところ、双方の船体同士が接触したという。水産庁は当時の状況やけが人などの確認を進めている。現場は、石川県の能登半島沖北西約350キロ。大和堆は周囲よりも浅くなっている場所で、スルメイカの好漁場として知られている。

 この海域では2016年秋ごろから、北朝鮮の漁船による違法操業が急増。17年からは海保や水産庁が警戒し、取り締まりを強化していた。

 海保によると、今年に入ってか…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら