[PR]

 警視庁と埼玉県警が今月、爆発物取締罰則違反の疑いで過激派の中核派の拠点「前進社」(東京都江戸川区)を家宅捜索した。中核派が30年以上前のゲリラに使用したものと同型の飛翔(ひしょう)弾が8発見つかった事件が直接の容疑だが、天皇陛下の即位に伴う一連の行事を控え、警察当局は過激派の動向に神経をとがらせている。

 「扉を開けて出てきなさい」

 2日午前8時半ごろ、前進社の前で捜査員が中核派メンバーに呼びかけた。反応がないなか、エンジンカッターで鉄扉を切るなどし、約40分かけて入った。

 捜査関係者などによると、飛翔弾は埼玉県加須(かぞ)市内の民家の倉庫で、段ボール数箱に分け、分解されて保管されていた。全長61センチ、重さ6・2キロ。8枚の尾翼で最長1キロ飛び、着弾すると爆発する仕組みで、火薬の残りかすも検出された。

 民家の住人が1月中旬に県警に…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら