[PR]

 ラグビーワールドカップが盛り上がっている。日本代表の大活躍が牽引(けんいん)しているのは間違いない。大分では5試合が組まれ、これまでの2試合はニュージーランドやオーストラリアのような“ティア1”と呼ばれる強豪国の試合を生観戦できたのだから申し分ない。尽力された関係者の方々に感謝したい。

 ラグビー熱はまだまだ続く。リーグ戦1試合と準々決勝2試合が大分であるのだから、にわかであってもなくても、便乗するしかない!

 さて、少し気が早いが、世界が注目するこのスポーツの祭典をいかにレガシー(遺産)として残していくか、ということを考えたい。2002年、世界規模のサッカーワールドカップ日韓大会も大分で開催された。インフラ整備され、素晴らしいハコモノが残った。中津江村とカメルーンの交流が今も続いているなど、確かにいくつかのレガシーはあった。

 あの熱狂は、当時高校3年生だ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも