【動画】ラグビーW杯のファンゾーンとして盛り上がる「スカイホール豊田」
[PR]

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、試合を生中継しているファンゾーンが大人気だ。体育館を利用している愛知県豊田市では、これまで4日間の開催で、予想をはるかに上回る計約4万2千人が詰めかけた。無料で、数千人が一緒に盛り上がれる雰囲気が受けているようだ。台風19号の影響で12日は中止になったものの、13日は開催する予定だ。

 ファンゾーンは、試合会場とは別に、観戦ができる場所として開催12都市に設置が義務づけられ、計16カ所ある。駅前の広場や公園、市民ホールが使われている。入場は無料。

 豊田市では、名鉄豊田市駅から直線距離で約1キロ、歩いて20分ほどのスカイホール豊田(八幡町)に設けられた。通常は、卓球など室内競技が行われ、体操の国際大会やインターハイの会場にもなっている。

 400インチの大型スクリーン…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら