[PR]

 第19回東日本学校吹奏楽大会が12、13日に金沢市で開かれる。北海道、東北、東関東、西関東、東京都、北陸の各吹奏楽連盟と朝日新聞社が主催。中学、高校の小編成のB部門(30人以内)と小学校部門の最上位の大会で、県大会と東関東大会を突破した県勢7校が、東関東代表として出場する。小学校の代表2枠と、高校の代表3枠は県勢が独占した。このうち、3年連続出場の2校を含む4校を紹介する。

柏市立酒井根東小

 3年連続出場の柏市立酒井根東小学校吹奏楽部。顧問の戸塚千穂教諭が特に力を入れたのが、児童の考える力を育てること。自分が出す音、周囲が出す音を聴きわけ、課題を修正する。それが「小学生離れしている」と評される透明感あるサウンドにつながった。

 「この演奏なら、この前の大会…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら