[PR]

 作家・百田尚樹さんの小説を宣伝する新潮社のキャンペーンが、わずか2日で中止になった。何が起きたのか。

 同社は4日、7月発売の百田さんの小説「夏の騎士」について、「読書がすんだらヨイショせよ」などと題したキャンペーンをツイッターで始めた。「ほめちぎる読書感想文」を募集し、百田さんを「気持ちよくさせた」20人に1万円分の図書カードを贈る内容。25日までの企画だと説明した。

 これにツイッターで注目が集まった。「百田さんを好きか嫌いかは別として、下品な宣伝」「出版社が読書をばかにするような企画で不快」など否定的にとらえる意見も多く出た。

 作家の盛田隆二さんは5日、「これは小説家をバカにした企画だな。読書家をバカにした企画でもある。小説を蔑(さげす)む、侮る、貶(おとし)める企画と言い換えてもいい。担当編集者からこんな企画を持ちかけられたらもちろん断る」とツイートした。取材に対し「読者は大切なお金や時間を費やして小説を読んでくれる。作家というのは、ほめられてもけなされても、真っ正面から向き合わないといけない」と話した。

 この宣伝に関わっていない同社のベテラン編集者も、取材に「読書感想文は本来、書き手が率直な思いをつづるもの。出版社が自ら『ヨイショ』を求めるのはおかしい」と話す。

 新潮社宣伝部は5日夜、キャン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら