[PR]

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」(津田大介芸術監督)で、中止となっていた企画展「表現の不自由展・その後」について、芸術祭実行委会長の大村秀章・愛知県知事は8日午後から企画展を再開する方針を発表した。記者会見での主な一問一答は以下の通り。

 10月8日からトリエンナーレの参加作家が全員復帰して全面再開します。円満な形で日本最大級の国際芸術祭の完成を目指していきたい。「表現の不自由展・その後」は、8日午後から安全面、セキュリティー対策の万全を期して再開する。9日以降は、(8日の午後)6時終了後に相談し、セキュリティー対策などをチェックして決定をしたい。

 入場者は事前予約の整理券方式。抽選方式で1回30人までのツアー方式。事前の教育プログラムを聞いていただいて、ガイドツアーで見て頂く。手荷物はお預けいただきたい。金属探知機チェックも行い、動画撮影は禁止。SNS拡散防止の対策も講じる。

 ――抽選方式の詳細は。

 明日(8日午前)10時にアナウンスする。現場で整理券を配る形になると思う。抽選をして回ると1時間半くらいかかる。明日はまず2組でお願いしたい。スムーズにいけば増やすことはありうる。

 ――午後何時から再開す…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら