[PR]

 冤罪(えんざい)をなくすにはどうすれば――。痴漢冤罪事件を取り上げた映画「それでもボクはやってない」の監督・周防(すお)正行さんと、ジャーナリストの江川紹子さんが10月3日、徳島市で開かれた日本弁護士連合会(日弁連)の人権擁護大会で対談した。司法の現状に厳しい指摘が相次いだ。

新聞社で司法担当、最初は抵抗

 ――刑事裁判に関心を持つようになったきっかけ、また、裁判を傍聴するようになって感じたことは

 江川 神奈川新聞に就職し、まず警察を担当した。朝早くから夜中まで、圧倒的に警察官との付き合いが長かった。その時は警察が逮捕し、自白したら「いっちょ上がり」みたいな感じでした。

 その後、司法の担当に変わった。裁判と弁護士を担当することに「嫌です」と抵抗した。警察官から「我々がこんなに苦労してやっているのに、弁護士がつくと(容疑者が)否認して本当に大変なんだ」と、いっぱい聞いていたから。

 そんな中で冤罪事件に巡り合っ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら