鹿児島)薩摩藩支えた鉱山 谷山で歴史や工程紹介の展示

有料記事

町田正聡
[PR]

 薩摩藩が経営した5鉱山の一つで、鉱山技術が幕末の集成館事業の礎にもなったという錫山(すずやま)鉱山の歴史を紹介した「金属鉱物資源展 特集錫山鉱山遺構」が、鹿児島市の谷山サザンホールで開かれている。

 錫山鉱山は、現在の同市下福元町錫山地域にあった国内有数の錫鉱山。1655(明暦元)年、薩摩藩第2代藩主島津光久の家臣が錫鉱脈を発見し、藩の大きな財源になったとされ、伝統工芸品の薩摩錫器(すずき)の誕生にもつながった。明治期以降は島津家などが経営、昭和60年代に閉山した。

 現地には今でも、坑内掘りや露天掘りの「採鉱」跡、鉱石を運んだトロッコのレールなどの「運搬」設備跡、有用な鉱物を選別する「選鉱」、鉱物を金属にする「製錬・精製」など一連の作業工程が分かる貴重な遺構が多数残る。展示会を企画した鹿児島大名誉教授(鉱床学)の志賀美英さん(71)によると、野ざらしの状態で大雨などによる風化が進んでいるという。

ここから続き

 栄えた当時をしのばせるもの…

この記事は有料記事です。残り351文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。