【動画】頭に赤いハートマークが浮かぶコイの「ラブちゃん」=笠原雅俊撮影
[PR]

 真っ赤なハートマークが頭に浮かぶニシキゴイ。その名も「ラブちゃん」。高知県安芸市の県立安芸中・高校の池で泳いでいる。鮮やかな赤と白色の体は、快進撃が続くラグビー日本代表のユニホームと重なる。

 ニシキゴイは全長約40センチ。水面に姿を見せると白と赤の体に赤いハート模様が目を引く。中庭の池で仲間の約20匹のコイと暮らす。8年ほど前、池の底が割れて水が抜け、全滅したが、新しく飼い始めたコイが大きくなったようだ。毎日餌を与えている女性事務員が、2年前にハートマークに気づいた。

 生徒たちの人気者になった。いつしか「ラブ(恋)ちゃん」と名前がついた。昼休みや放課後には生徒たちが見つめる。

 成長を続けるラブちゃんの体は、W杯日本大会で開幕3連勝と活躍する日本代表のユニホームの色を思わせる。池の中でもスイスイと機敏に泳ぐ。正木秀市校長は「スタジアムのファンとともに、コイも日本代表の快進撃を応援しているようですね」。(笠原雅俊)