[PR]

 日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)で7日、北朝鮮漁船と衝突した水産庁の漁業取締船「おおくに」(1300トン)が8日午前、新潟港に入港した。第9管区海上保安本部(新潟市)は船体の破損状況などを確認し、船長らから当時の状況を聞き取る。

 取締船は7日午前9時過ぎに「大和(やまと)堆(たい)」と呼ばれる海域付近で漁船と衝突し、漁船は沈没した。水産庁などによると、取締船がEEZから退去するよう警告、放水した後に漁船が急旋回し、漁船の左舷と取締船の船首が衝突したという。

 約60人いたとみられる漁船の乗組員は救命いかだなどで救助され、別の北朝鮮船に乗り込んで現場海域を去った。ほかに漂流者は見つかっておらず、全員が救助されたと海保はみている。取締船は救助活動を終えた後に新潟港に向かっていた。

 また、水産庁は8日午前にあった自民党水産部会と水産総合調査会の合同会議で、取締船は民間会社が所有する「用船」だったことを明らかにした。乗組員20人は民間人で、取り締まりを指揮する水産庁職員の監督官は1人だったという。同庁の担当者は「そういった中で、最善の努力は果たしている」と話した。(中村建太、兼田徳幸)