萩生田氏「私は指示してない」 文化庁の補助金不交付で

有料会員記事トリエンナーレを考える

上田真由美
[PR]

 「あいちトリエンナーレ2019」への補助金7800万円を文化庁が全額不交付とした決定について、萩生田光一文部科学相は8日、閣議後の囲み取材で、「私から文化庁に何かを指示したりということはありません」と答えた。9月11日の大臣就任後、同26日の決定までの間に「文化庁から方針の報告を受けて了承した」と説明した。

 関連する企画展「表現の不自由展・その後」が8日に再開されることについては、「主催者であるあいちトリエンナーレの実行委員長において判断すべきことがら」とし、「補助金を不交付にしたのは、申請者に不適当な行為が認められたことによるもので、この度の展覧会の再開の有無とは関係がないと考えている」と強調した。

 不交付をめぐっては、補助金…

この記事は有料会員記事です。残り242文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
あいちトリエンナーレを考える

あいちトリエンナーレを考える

「表現の不自由展・その後」が一時中止されました。今も残る影響と、今後を考えるための視点を紹介します。[記事一覧へ]