[PR]

 能登半島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内で、水産庁の漁業取締船と北朝鮮漁船が衝突した問題で、安倍晋三首相は8日午前の参院代表質問で「北朝鮮側に対し、北京の大使館ルートを通じて抗議を行った」と明らかにした。抗議した日付や具体的に何の行為についての抗議だったかなどは語らなかった。

 第9管区海上保安本部や水産庁などによると、「大和堆(やまとたい)」と呼ばれる海域付近で7日午前に発生し、衝突後に漁船が沈没。乗組員約60人が日本側の救命いかだなどで救助され、別の北朝鮮船に乗り込んで去った。

 西村明宏官房副長官は8日午前の会見で「違法操業が確認できず、身柄の拘束といった強制力を行使することはできない事案だった」とした。

 大和堆付近では、北朝鮮漁船による違法操業が急増している。西村氏は「引き続き、わが国の排他的経済水域内での外国漁船による違法操業の防止のために毅然(きぜん)として対応していく」と話した。