[PR]

 米商務省は7日、中国新疆ウイグル自治区での少数民族弾圧に関わっているとして、監視カメラ世界最大手の杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)など計28の中国企業・政府機関について、米国からの輸出を制限すると発表した。少数民族弾圧という中国政府の機微に触れる新制裁で、10日に再開する米中高官級通商協議にも影響しそうだ。

 安全保障上の懸念を理由に輸出を規制する「エンティティー・リスト」に近く、ハイクビジョンや同業2位の浙江大華技術(ダーファ・テクノロジー)など8企業と同自治区の20の公安機関を加える。米企業から部品などを輸入するには米商務省の許可が必要で、事実上の禁輸措置となる。

 米商務省は発表文で、ウイグル…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら