[PR]

 NHKから国民を守る党(N国)の立花孝志党首は8日、国会内で記者会見し、参院議員を辞職して参院埼玉補選に立候補する考えを表明した。立花氏が辞職した場合、先の参院選比例区でN国の次点だった医師の浜田聡氏が繰り上げ当選する。

 立花氏は、辞職理由について「与党が補選に候補者を立てないことで、勝てる可能性が出てきた」と話した。立花氏はNHK職員を経て、千葉県船橋市議、東京都葛飾区議などを務めた後、「NHKのスクランブル放送の実現」を公約に掲げて参院選で初当選。N国は比例区で政党名と個人名を合わせて98万7千票余りを集めた。

 立花氏をめぐっては、警視庁が今月2日、元N国の東京都中央区議の男性に対する脅迫容疑で書類送検。動画投稿サイトに「『アホみたいに子どもを産む民族はとりあえず虐殺しよう』みたいな」などとする発言を投稿し批判を浴びるなど言動が物議を醸してきた。