[PR]

 泥棒をやらせたら右に出る者はいない、と言われる落語家が関西にいる。七代目笑福亭松喬(しょきょう)(58)だ。あくまでも落語のなかの話だが、泥棒の神髄とは?

 毎年、刑務所を訪れては受刑者たちを落語で笑わせている。足かけ30年。「塀の中の聞き手」だった一人からだろう、こんな報告が記された手紙をもらった。

 「先生のようにやっと、社会復帰できました」。刑務所暮らしの経験はない。でも仲間のように思ってもらえるのは、噺家(はなしか)としてはまんざらでもない。親近感を持たれるわけはおそらく先輩噺家のこの言葉にある。

 「お前に長屋から出てくる泥棒…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら