[PR]

 鹿児島らしさを表す色の研究と伝統的な染めの技術がコラボしたショルダーバッグが、8日にあった今年の「かごしまの新特産品コンクール」で最高賞の知事賞に輝いた。4年がかりの色彩研究が実を結び、鹿児島らしい特産品として高く評価された。

 コンクールは県と鹿児島市、県特産品協会で構成する実行委員会の主催。食品部門に103品、工芸・生活用品部門に35品の出品があった。

 工芸・生活用品部門で知事賞に選ばれたのは「あづまバッグ」。鹿児島大環境色彩学研究会が選定した18色の「かごんまの色」を配色した深さ55センチ、幅50センチ、マチ(奥行き)10センチの帆布地のショルダーバッグ。風呂敷を縫い合わせて袋状にする、昔ながらのあづま袋をヒントにした。

 「かごんまの色」は、鹿児島大…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら