[PR]

 不漁が続く駿河湾のサクラエビについて、県桜えび漁業組合は8日、静岡市清水区の由比港漁業協同組合で船主会を開き、秋漁の自主規制を決めた。駿河湾を3海域に分け、親エビの割合を確認して操業するかどうか判断する。

 駿河湾を湾奥と中部、湾南部に分け、23日をめどに解禁する秋漁の前に、体長35ミリ超の産卵後の親エビの割合を調査する。これまでの調査で海域ごとに親エビと稚エビの割合が異なることがわかっており、親エビの割合が湾奥は75%以上、中部は50%以上、南部は30%以上であれば、操業可能とする。

 操業船数は最大40隻とするなど、春漁とほぼ同じだが、春漁で設けた漁獲総量の上限は設けない。実石正則組合長は「やっと芽が出始めたところで芽をつみたくはない。今は資源回復の途中経過。来年の春漁にいい影響が出ることが一番」と話した。(和田翔太)