パリで日本人が9千万円の腕時計盗まれる 世界で30個

パリ=疋田多揚
[PR]

 パリの繁華街シャンゼリゼ通りの近くの高級ホテル前で7日、日本人の男性実業家(30)が約80万ユーロ(約9400万円)相当の高級腕時計を盗まれる事件があった。8日、仏紙パリジャンなどが報じた。

 パリジャン紙などによると、男性が7日午後9時半ごろ、滞在していた凱旋門近くの五つ星ホテルの外で喫煙していると、近づいてきたパーカ姿の身長1・8メートルほどの男からたばこを1本求められた。男は男性が左手首につけていた高級腕時計を確認すると、男性の腕をつかみ、時計を強引に奪い取って逃げたという。男性にけがはなかった。

 奪われた時計はスイスの高級腕時計ブランド、リシャール・ミル製。同社サイトによると、腕時計の外観部分には約270個のダイヤがあしらわれ、30個しか製造されていない限定モデルだという。(パリ=疋田多揚)