[PR]

香川県立坂出高校(下)

夢は必ず叶う!

 10月20日に名古屋国際会議場センチュリーホールで開催される第67回全日本吹奏楽コンクール全国大会高校の部に、坂出高校吹奏楽部は四国代表として5回目の出場をする。演奏するのは課題曲Ⅱ《マーチ「エイプリル・リーフ」》(近藤悠介)と自由曲《富士山 ―北斎の版画に触発されて―》(真島俊夫)だ。

 3年生のホルン奏者、「タニタニ」こと谷ひな子は自由曲でソロを吹く。それはタニタニにとって「夢が叶(かな)う」瞬間になる。

     ♪

 タニタニには三つの夢がある。

 第1の夢は、吹奏楽コンクール全国大会に出場すること。

 中学で吹奏楽部に入ったタニタニは「マニア」を自称するほど吹奏楽にハマり、毎日のように全国大会の映像に見入っていた。高校は、ホルンをきわめ、全国大会出場という夢を叶えられるよう、愛媛県から隣県の坂出高校に進んだ。

 第2の夢は、真島俊夫作曲《富…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも