[PR]

 秋の風物詩、ヒヨドリの大群が今年も関門海峡を渡り始めた。山口県下関市の彦島地区に集まった群れが対岸の北九州市へ飛び、九州で冬を越す。群れはうねるように、海面すれすれを飛ぶこともある。天敵のハヤブサは翼がぬれるのを嫌うため、襲われるのをかわしながら海を渡る。(全日写連弘中輝夫さん撮影)