[PR]

 観光バスなどによる奈良公園の渋滞を改善しようと、奈良県が整備した奈良公園バスターミナル。事前予約が必要なことから、周辺の寺社駐車場に観光バスが流れ、問題になっていたため、県は10日以降は常時、当日予約制を導入する。荒井正吾知事が9日の定例記者会見で明らかにした。

 県奈良公園室によると、当日予約は原則として、専用サイトか電話で、利用当日の正午までに申し込む。料金はターミナルで現金で支払う。事前予約も専用サイトで継続して受け付ける。事前予約は前日午後2時までに料金を振り込む必要がある。

 ターミナルは4月にオープンして以来、事前予約制だった。観光バスがここで乗客を降ろし、高畑駐車場や上三橋駐車場で待機する仕組みだ。だが、予約制を嫌った観光バスが近くの寺社に押し寄せた。こうした問題を背景に、春日大社と興福寺は10~11月の土日祝日、観光バスの駐車を一部制限することに。県は一時的な対策として、10~11月の土日祝日に限って当日予約を認めていた。

 県奈良公園室のまとめでは、当…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら