[PR]

(9日、プロ野球CS第2ステージ ソフトバンク8―4西武)

 ふわりと浮いた打球が、西武の遊撃手、源田の頭上を越えていく。1点を追う八回、代打・長谷川勇の同点打から、ソフトバンクが一気に逆転へつなげた。

 工藤監督の采配が実った。

 この回、1死一、三塁の好機をつかみ、一走デスパイネへ代走・周東を送る。2死となり、打順は内川。第1Sで2本塁打と「CS男」の名をほしいままにする37歳に、長谷川勇を代打に送った。

 内川はこの日、3打席凡退。さらにマウンドにいた平井に対し、今季8打数0安打。工藤監督は「合っていない」とみて、「苦しい決断だが、後悔のないように」と迷いはなかった。

 長谷川勇は「内川さんの代打とすら考えなかった。無心。やるかやられるか、気合で打った」。なおも一、三塁から次打者への初球が捕逸となり、決勝点を奪った。本塁を陥れた俊足の周東は「こういう接戦は、ああいうところが大事」とうなずいた。

 昨季まで2年連続日本一に輝い…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら