[PR]

 静岡市駿河区丸子の「駿府匠宿」で静岡県中部の11メーカーの缶詰が展示販売されている。「缶詰王国静岡」と銘打ち、定番から変わり種まで約35種が並ぶ。

 ツナやカツオといった「定番」から、からあげ、カレー、釜揚げしらす、カキのリゾットまで様々な缶詰が積み上げられている。

 県によると、県の水産缶詰生産量は全国1位。缶詰のシェアでマグロは97%、カツオは100%で、静岡は「缶詰王国」という。駿府匠宿では6月に続く開催で、始まった2日からの5日間で約600個を売り上げたという。

 駿府匠宿の担当者は「スーパーではあまり見かけない珍しいものもあるので、見て楽しんでほしい」。15日まで。12~14日は試食もできる。(堀之内健史)